診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  •  審美歯科(ホワイトニング)
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 口腔外科
  • リラックス外来
  • 訪問診療

オンライン予約

医療費控除について

歯周病治療

放っておくと怖い歯周病

歯周病は病原菌が歯と歯茎の間の歯肉溝から進入し、歯周組織を破壊し、放っておくと歯を支えている歯槽骨を溶かす病気です。最悪の場合、抜歯をする必要があります。

歯周病の進行は虫歯のように、痛みがなく、気付いた頃には既に進行していることがあります。成人の抜歯の原因でもっとも多い割合を占めているのが歯周病で、早期発見が治療の鍵となります。

歯周病の進行

歯周病は進行してからでないと自覚症状が現れにくい病気です。歯肉の色や腫れ、出血などの変化を見逃さないようにして、異変に気付いたら当院へお越しください。


歯肉炎

歯肉溝にプラークが溜まることで炎症が起き、触れると出血することもあります。
歯と歯茎の周りのプラークを歯ブラシで懸命に除去すれば、健康な状態に戻すことが出来ます。

軽度歯周炎

歯と歯茎の境目の部分の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。歯槽骨は歯根の3分の1まで消失してしまっていて、ここから根の先に向かって炎症が拡大していきます。

中度歯周炎

歯根膜や歯槽骨も歯の根の長さの半分くらいまで侵食され、歯がぐらつき始めます。
歯根部が露出することで、冷たいものや熱いものがしみるようになります。口臭も徐々に悪化します。

重度歯周炎

炎症が更に拡大し、歯槽骨に半分以上破壊され、歯はグラグラしています。食事は困難になり、抜歯の必要性が出てきます。
歯槽骨が溶けると、入れ歯やインプラント治療も難しくなります。

歯周病予防に大切なこと

歯周病は生活習慣によっては進行を早めてしまうこともありますので、歯周病予防には生活習慣や口腔内環境の見直しも必要です。以下に当てはまる方は、歯周病に注意してこまめに定期健診を受診しましょう。



CASE1 歯並びが悪い

歯並びが悪く、歯磨きがしにくかったり、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすい場合、プラークが溜まりやすいためお口の清掃に注意が必要です。
歯につきやすい軟らかい食べ物や甘いものをなるべく避けて採るようにしましょう。

CASE2 口で呼吸をする

口呼吸の癖がある場合、口の中が乾燥しやすくなり、唾液が残りかすを喉へと運ぶことができないため、プラークが付きやすくなります。
なるべく鼻で呼吸をするよう訓練し、唾液が口を満たす環境を作りましょう。

CASE3 喫煙習慣がある

喫煙は血管を収縮させ、歯肉の血行不良を引き起こします。そのため、歯周病に対する抵抗力が低下し、感染の可能性が高まります。
また見た目上、喫煙が原因で歯肉の腫れが分かり難くなりますので、注意が必要です。

CASE4 糖尿病がある

糖尿病を患っている方は細菌感染に対する抵抗力が低下し、歯周病が発症しやすく、また進行しやすくなります。
また歯周病になると、糖尿病も悪化することが分かり、歯周病と糖尿病の2つに注意する必要があります。

お問い合わせ