診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  •  審美歯科(ホワイトニング)
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 口腔外科
  • リラックス外来
  • 訪問診療

オンライン予約

医療費控除について

小児歯科

お子様の歯を虫歯にしないために

小児歯科ではお子様の虫歯の治療や予防のほかに、治療が終了したお子様のお口の管理も行います。永久歯に比べて、乳歯はエナメル質、象牙質ともに薄いため虫歯の進行が早く進みます。そのため、小児歯科ではブラッシング指導や虫歯ができにくくする処置なども行い、乳歯を守ります。

乳歯にも重要な役割がある

乳歯は子供の間だけ生える仮の歯だからと言って、ケアをおろそかにしてしまうと、永久歯の生え方に影響が及ぶような症状を引き起こしてしまう心配があります。

乳歯は食べ物を噛む働き以外にも、顎や言葉の発音にも大切な役割を果たします。歯が欠けたままにしたり、虫歯を放置していると、よく噛む習慣が培われないため顎が未発達なまま永久歯が生えてきてしまいます。そうすると矯正治療も大掛かりなものになってしまいます。
乳歯はきちんとケアし、次の永久歯にバトンタッチさせてあげる必要があります。

乳歯を虫歯から守るために

糖分を含む食べ物の摂取を控えたり、こまめに歯磨きをしても、歯質がやわらかい乳歯にとっては、まだ十分な虫歯予防だとは言えません。完全に虫歯を予防できるわけではないですが、エナメル質の柔らかさを少しでも補うべく処置があります。

フッ素塗布

普段の食事においても、私たちの口に入る栄養素、フッ素を生えたての乳歯に反復的に塗布することで虫歯予防の効果が得られます。

フッ素は歯磨き粉にもよく含まれていて、抗菌作用があり、再石灰化を促進します。乳歯は永久歯よりもフッ素が高い効果を示す特徴があります。

シーラント

虫歯がよく発生する部位は、歯間、歯と歯ぐきの境目、歯の溝です。奥歯の溝は特に構造が複雑なため、食べかすの磨き残しが虫歯の原因となります。

そこで生えたての奥歯の溝をシーラントというプラスチックの一種で埋めることにより、食べ残しが入り込むのを防げます。

チャイルドコーナー

子供は歯の治療と聞くと極度の緊張感に襲われることもあります。「歯医者さん=怖い」という思い込みをしてしまわないよう、リラックスしてから治療を行うようにしています。

また、診療台脇にチャイルドコーナーを設けてあるので、お子様の様子を見ながら診療が受けられます。ベビーベッドもご用意していますので、お子様連れでもお気軽にご利用ください。

お問い合わせ